離婚したら戸籍はどう変わる?

離婚によって起こるさまざまな変化のうち、経済面に次ぐ大きなものは姓と戸籍の問題といえるでしょう。
離婚と戸籍には、いったいどのような関係があるのでしょうか。
離婚によってあなたの戸籍にはどのような変化が生じるのでしょう。
まずこれらについて理解した上で、手続きを行いましょう。

離婚とは、夫婦の戸籍を分けること

離婚すると、これまで生活をともにしてきた夫婦は別々に住み、独立した所帯で生活を営むのが一般的です。
しかしこの状態であっても「別居中だけどまだ離婚は成立していない」というケースもよく耳にします。
離婚と別居、その大きな違いはいったい何を指すのでしょうか。

離婚とは、単に生活を分けることではありません。
離婚するとは、結婚の際に一緒にした夫婦の戸籍を別々に分けるということ。
つまり、法律上でいう離婚の成立とは、戸籍上、夫と妻がそれぞれ別の籍になることを指すのです。

ひとり親への公的支援制度などが申請できるのは、離婚が成立してからとなります。
たとえば、別居していた夫婦の住民票も分かれそれぞれ独立した世帯となっていても、まだ所得上の扶養関係が解消されていたとしても、戸籍上、夫と妻がまだ同じ籍に入ったままであれば、当然のことながら離婚が成立しているとはみなされません

それでは、戸籍を分けるとは実際にどのようなことを指すのでしょうか。
結婚するときには夫と妻それぞれの戸籍を1つにすれば済みましたが、離婚となれば、実はそのように簡単に事は運びません。
まずは、戸籍を分けることの意味を理解しておく必要があります。

筆頭者の戸籍は変わらない