離婚時に別れた子どもを引き取りたい

一度は合意した親権者の指定なので、変更を願い出ることが、離婚時の争いを再燃させるようなものであってはなりません。
なぜ親権者を変える必要があるのか、その最大の理由が子どものためのものでなければ、それは親のエゴになってしまうことを自覚しましょう。

そのうえで、たとえば現在の親権者も納得していれば変更はむずかしくないように見えますが、判断するのは家庭裁判所です。
親権者の変更は、父母の間で勝手に変えられず、家庭裁判所に親権者変更の調停を申し立てて許可を得なければならないからです。

家庭裁判所では、この変更が子どもの福祉にかなうものであること、変更する事情や親権者の意向、それまでの養育状況、双方の経済力や家庭環境、子どもの年齢や性格、希望などを考慮して、その必要性を判断します。

現在の親権者が変更に合意していない場合、調停では決まらないでしょうから、そのまま審判に移行されます。
そこでは、お互いに変更の必要性、変更の必要がない現状を訴えていくことになります。
決定的な理由がなければ、親権の変更はむずかしいといえるでしょう。

親権者変更の申し立て理由

離婚後に親権者変更を父親から申し立てる場合の理由として、離婚後の劣悪な養育環境、母親の新しい恋人に対する子どもの反発、子どもからの要望などのほか、子どもに会えない寂しさによるものもあります。
一方、母親側としては、子どもへの暴力・虐待・劣悪な養育環境、離婚時に親権を渡したことへの後悔などです。

監護者の変更は不要?

監護者の変更は、父母間の話し合いですませられます。
ただし、将来的な紛争の種になる恐れもあるので、監護者変更の調停を申し立て、当事者間で合意ができるなら任意の審判に移行して、審判をしてもらうと安心です。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求