離婚協議で注意するポイント

話す前にしっかりと準備しよう

協議離婚は、夫婦が合意すれば面倒なく離婚できる反面、決めるべきことがおろそかになりがちという問題があります。
離婚前にきちんと話し合っておかないと、離婚後のトラブルにつながるので、協議に向けての準備をしっかりと行うことが大切です。

どれだけ望みどおりになるかは、この準備にかかっているといっても過言ではないので、手を抜かないこと。
話し合うべきことをリストアップするとともに、情報や証拠の収集、法律の確認も忘れずに行います。
そのうえで相手に振り回されないように作戦を練り、協議がどのように展開しても、主張すべきところはしっかりと言えるようにしておきましょう。

離婚前の準備の2大ポイント

リスト作り

必要なことをすべて書き出すこと。
また、自分が希望するものに優先順位をつけておくと、交渉がしやすくなります。

  • 離婚の理由
  • 離婚までの生活費の確保
  • 別居する場合の住まい
  • 財産分与の対象になるもの
  • 子どもの親権者・養育費・面接交渉

情報・証拠集め

百聞は一見にしかず、情報や証拠になるものは、コピーしたり保存したりしておくこと。
慰謝料や養育費などの目安となる資料も集めておくと役立ちます。

  • 浮気などで慰謝料を請求するなら、それを証明する写真、手紙、メール、領収書など
  • 暴力の証明として、診断書や症状の写真、詳細をまとめたもの、役所や警察など公的機関への届け出
  • 相手の財力を知るため、給料明細書、確定申告書、課税証明書
  • 財産分与の資料として、預金通帳、株式などの有価証券、満期になる保険などのコピー

重要事項は「記録」で残そう

話し合うときは、記憶ではなく記録に残すように習慣づけておくと、あとで確認することができます。
しかも、揉めた時に事実を証明するものとして役立ちます。
筆記用具を持参してメモを取るとか、ボイスレコーダーで録音するなどを心がけましょう。

また、言い争いになる場合や上手く話せないときは、文書でやり取りするのも一案です。
メールの場合は必ず保存しておくこと。
手紙にする場合は、コピーを取っておきます。
さらに重要な内容を伝える場合は、内容証明郵便にしておくと安心です。

合意事項は必ず文書に残そう

協議離婚で多いトラブルに、離婚後の約束の不履行があります。
苦労して決めたのに、離婚したら無視されたり、はぐらかされたりすることが少なくありません。
それを防ぐには、協議で合意したものを口約束のままにしておかないで、文書にすることです。

離婚届を出す前に、離婚協議書か法的効力のある公正証書を作成しておけば安心ですが、なにもつくらずに離婚するケースが多いようです。
その理由として、たいした財産がない、面倒なことはパスしたい、相手が嫌がるなどがあげられますが、支払いが発生する場合はせめて、念書だけでも取り交わしておくことを強くすすめます。

スムーズに話し合いをするための心構え

  • 話し合う内容や問題を書き出し、整理しておく
  • 証拠になりそうな領収書やメール、手紙などを集めておく
  • 相手の性格を考えて、一方的な話し合いにならないように作戦を練っておく
  • やり取りを書きとめたり、録音したりしておく
  • 弁護士や第三者の意見を聞いておく

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求