財産分与や慰謝料の支払い方法は?

支払い方法は話し合いで決める

財産分与や慰謝料が合意に達した時点で、引き続いて、支払いや引き渡しについて話し合っておく必要があります。

受け取る側としては、財産分与や慰謝料は一括でもらいたいところでしょう。
しかし、高額な場合は支払う側の負担が大きくなるので、分割もやむを得なくなります。
その場合は、分割回数と支払期間を調整します。

また、離婚後の生活の援助や養育費のように定期的に支払うものは、一括や分割とは目的が異なるため、たとえば、「就職が決まるまで毎月末に◯万円を妻の口座に振り込む」というように、支払う月日、金額、期間、方法などを具体的に決めます。

一括払いと分割払いの落とし穴

離婚後に、財産分与や慰謝料としてまとまったお金を受け取ると、気持ちが大きくなりがちです。
しかし、離婚して新しく生活を始めようとすると、思いもよらぬ出費がかさむもの。
気を引き締めて倹約を心がけ、無計画な出費はひかえましょう。

分割にする場合は、初回支払金額をできるだけ高く設定しましょう。
また、分割回数を2〜4回ほどにして、短期間で支払いが終わるようにします。

そして、協議内容を必ず文書に残すことを怠ってはいけません。
これだけ注意しておけば、仮に離婚後の支払いが滞っても、泣き寝入りしないで対応することができるはずです。

慰謝料は現金払いで

慰謝料を現金で受け取れば、税金はかかりません。
しかし、金額に相当する不動産などの物品で受け取ると、税金の対象になることがあるので気をつけましょう。
なお、現金には税金がかからないとはいえ、その金額が社会通念上、明らかに多すると判断されると、税金の対象になることがあります。

いろいろな支払い方法

一括払い

長かった離婚協議にピリオドが打て、思い残すことなく次のステップに進めます。

  • 貯蓄に回す分、新生活にあてる分に仕分けるなど、計画的に賢く処理する
  • 離婚後の手続きなどで費用が必要な場合があるので、その分も見積もる
  • 無駄遣いしないように要注意

分割払い

200万円近くになると、一括払い、分割払いが半々くらいで、それ以上では分割払いの割合が増えていきます。

  • 分割の回数は少なくして、短期間で支払いが終わるようにする
  • 初回の金額をできるだけ高くして、残りの部分を最小限に設定する
  • 支払いが遅れた場合の処置や担保を決めておく
  • 支払いに関する合意内容は、確実に実行してもらうように公正証書に残す

現物払い

名義がどちらになっているかを確認し、名義変更に必要な書類は離婚時に受け取り、離婚したらすみやかに手続きをすませます。

  • 不動産を取得する場合は、離婚時に権利証などの必要な書類をもらい、離婚後早めに名義変更の手続きを行う
  • 自動車を取得する場合も、離婚時に譲渡証明書などの必要な書類をもらい、離婚後15日以内に名義変更の手続きを行う
  • 株式などの有価証券は、できるだけ現金にしてもらうのがよいが、譲渡されたときはすみやかに名義変更をして、株式市場を見据えながら、よい時期に処分する

株式などの有価証券を受け取る場合

株式や国債などの有価証券は、離婚時の時価で計算されるので、一見、支障はないように思われますが、譲渡の手続き、税金、売却のタイミング、価格の暴落などの問題を含んでいます。
譲る側が、よかれと思って「もっていれば値が上がる株だよ」などとアドバイスしても、惑わされて欲を出さないこと。
株式売却の経験がなければ、損するリスクを取るより、現金化してもらって受け取ることをおすすめします。

お電話でのご相談

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求