浮気(不貞)の問題について。

浮気・不倫 浮気調査 夫の浮気 妻の浮気 浮気の証拠 浮気相手の身元調査

浮気をするなんて絶対に許さない

「浮気は絶対にしないよ」と、結婚前に誓った約束はどこに行ったやら…。
浮気の疑いが確信に変わったとき、離婚が他人事ではなくなってきます。

浮気は配偶者に対する裏切りであり、どんな理由があろうと言い訳は通用しませんが、疑いがあるだけでは相手を責めることはできません。
とにかく、相手が言い逃れできないほどの決定的な証拠を確保することが、重要なポイントとなります。

そこで、ホテルや異性の部屋などに出入りする疑わしい写真やビデオ、特定の異性との意味深なメールや通話の記録などの証拠を入手することです。
必要ならば、調査会社に依頼することも検討しましょう。
ただし、依頼は慎重に。
プライベートな情報を探るように頼むのですから、しっかりとした会社を選び、必ず先方に出向いて料金や内容を確認すると同時に見積もりを取り、契約書を交わしてから利用することをおすすめします。
弁護士に相談している場合には、法律事務所を通じて調査会社を紹介してもらうことも可能です。

事実が明らかになるにつれて、この状況をどうすればよいか、冷静になって考えましょう。
離婚するにしろ、しないにしろ、きちんと相手と向き合わなければ、あとを引く問題です。
慰謝料を請求して離婚するつもりなら、優位に立つための準備を始めましょう。

疑わしい行動
  • 帰宅時間がいつもより遅くなった
  • 帰宅後、入浴しなくなった
  • 休日に出勤や外出が増えた
  • 自宅でも携帯電話をマナーモードで使用する
  • 所有する携帯電話の台数が増えた
  • 携帯電話やパソコンにロック機能を設定した
  • 予定を聞くとごまかしたり、怒ったりする
  • 会社や自宅近く以外のコンビニなどの領収書がある
  • 急にオシャレをするようになった
  • スキンシップの回数が減った
  • 知らない持ち物が増えた
  • 感染症を移された

好きな人ができたから別れたい⁉︎

既婚者であれば、配偶者以外の人を好きになることは許されません。
わかってはいても、禁断の恋心に火がつくと、コントロールできなくなるようです。

好きな人への思いを自分の気持ちの中にとどめているのであれば、それは不貞行為になりません。
これが分かれ目で、お互いに好意をもっていて線を越えないように気持ちを抑えたうえで離婚するなら、離婚原因をつくった責任を問われることはないのです。
その場合、好きな人の存在を相手に知られないようにして、性格の不一致価値観の違いなどを理由にすべきです。
離婚前に好きな人と性的関係をもってしまった場合、それは不倫と見られて一気に立場が悪くなります。
相手が応じなければ離婚は困難ですし、不倫相手ともども、慰謝料の対象になります。
また、なんとか相手の合意を取り付けた場合でも、離婚条件に関して分が悪くなるのは避けられないので覚悟しましょう。

なお、よくあるケースとして、相手の浮気癖を友人に相談しているうちに、その友人と一線を越える関係をもつことがあります。
どんな理由があるにしろ、不貞行為を正当化することはできません。
この場合、夫婦どちらにも責任があるとして離婚裁判にまで進めることはできますが、責任の重さを競ったり、慰謝料を請求したりするのは筋違いといえます。

別居後の交際はセーフ⁉︎

別居したあとに好きな人ができた場合、夫婦関係はすでに破綻しているとして、不貞行為にならないのが一般的ですが、だからといって、別居直後に交際をスタートさせれば、別居自体が計画的と判断されて責任を問われることがあります。
別居しても既婚者なので、疑わしい行為はひかえるのが無難です。

再婚禁止期間と妊娠

女性は、離婚して6か月は再婚することができません。
これは、離婚後に妊娠していた場合の子どもの父親をめぐるトラブルを予防するためです。
とくに、離婚から300日以内の出産では、子どもの父親は前夫となり、父親の戸籍に入るので注意しましょう。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求