暴力・虐待

気に食わないとすぐに暴力をふるう

結婚前はやさしかったのに、結婚後は手を挙げたり、暴言を吐いたりすることもしばしば。
外面がよくて本性を見せないから、だれにも相談できない。

暴力は一度でおさまらず、必ず繰り返されるようになり、しかもエスカレートしていきます。
DV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)の被害を受けている場合、まずは自分の身を守ることを優先させて、親しい人にも言えないときは、関係機関に相談しましょう。
DVには、身体的なもの以外に、暴言などの精神的暴力や性的暴力も含まれます。

DV防止法の規定・改正により、「暴力はいかなる場合でも許されない」という考えが広がり、相談機関として配偶者暴力相談支援センターや警察などが対応にあたっています。

離婚を希望するなら、家を出てから離婚調停を申し立てるなどして、直接話す機会をつくるのはさけること。
調停委員にお願いすれば、裁判所内で相手と出くわさないようにしてくれます。
また、相手の暴力がどの程度なのか、どのくらいの頻度で受けていたかを証明する必要があります。
とくに裁判まで進めば、この立証が判決のカギを握り、慰謝料の請求にも影響してきます。
暴力を受けたときの状況を記録する、医師の診断書をもらう、あざやキズの写真を撮るなどして、必ず証拠を残すようにしましょう。

DV被害を受けている人の特徴

DV被害者の中には、「あの人は本当にやさしい人で、悪いのは私のほう」と自責の念を抱くケースが少なくありません。
機嫌のよいときにやさしくされ、感覚がマヒして錯覚するようです。
また、恐怖心、あきらめ、無力感のほか、今の生活を失いたくない、世間体が悪いなどの理由から、DVを隠す傾向も強く見られます。

幼い子どもを本気で殴るなんて

力まかせに子どものたたくのは、しつけではなく、許されない暴力です。
泣きやまない子どもをさらにたたく親を、けっして許してはいけません。

暴力の対象が子どもにまでおよんでいるときには、迷わず離婚を決意してください。
相手は、言うことを聞かない子どもをしつけているつもりで、危害を加えているという自覚がまったくないのです。
口で注意するのと変わらない、ちょっと小突いた程度と感じているだけで、自分の暴力を過小評価しているところもあります。

子どもを守りたくても、自分も暴力を受けて口を出せないケースが多いのも配偶者暴力の特徴です。
子どもの前で片方の親がもう片方に暴力をふるう「面前DV」も、子どもに対する暴力という考え方が認められてきています。
勇気を出して、最寄りの配偶者暴力相談支援センターや警察などの公的な機関に相談することをおすすめします。
一時的に身を寄せる避難所を紹介してくれますし、離婚や自立への手助けもしてくれます。

このほか、相手を遠ざけるために接近禁止命令や退去命令などの保護命令を申し立てたり、相手を告訴したりする法律相談や、経済的支援、就職のことや子どもの就学など、さまざまな問題についても、関連部署と連携したケアを受けられます。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求