慰謝料の金額はどのくらい?

安いか高いか、慰謝料の相場

慰謝料の金額には決まりがなく、請求する側とされる側とが納得すれば、それが請求額になります。
ニュースなどでは、セレブによる法外な離婚慰謝料の支払いが報じられますが、それは例外中の例外。
実際には、期待するほど請求できるわけではありません。

協議離婚での慰謝料の支払い状況は不明ですが、離婚裁判での過去の事例を見ると、不貞行為や暴力などの有責行為が明確になっている場合で300万円〜500万円、婚姻を継続しがたい重大な事由の場合で50万円〜200万円が相場といえそうです。

こららを安いと取るか、高いと取るかは個人差がありますが、裁判官ではなく、当事者同士が話し合って出す金額は、これよりも低くなる傾向があります。

金額を決める基準になる要素

慰謝料の金額を決めるなどということは、見当もつかない作業に違いありません。
金額の算定方法や算定基準が明確でないので、自分が受けた苦痛の程度や期間を中心に、相手の責任や悪意、離婚理由の大きさなど、いろいろな要素を金額に換算して出すことになります。

このとき、できるだけ冷静になって考えること。
離婚原因が同じでも受けるダメージや許容範囲には個人差があるので、ほかの事例はあくまでも参考にします。
そして、自分も相手も納得できそうなところで、なおかつ相手が払える範囲内で金額を出しましょう。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

※お電話がつながりにくい場合がありますので、その際にはメール相談をご利用ください。


離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求