慰謝料とは

『慰謝料』とは、離婚に限らずさまざまな場所で耳にしますが、そもそもこの慰謝料とはどんなお金なのでしょうか?

慰謝料は違法な行為や不当な行為によって被害にあった場合の損害の一種です。

損害とは次のように分類されます

  1. 物に関する損害
    自分の所有物を壊されたりした場合です。
  2. 人の生命・財産に関する損害
    ケガをさせられたり、傷つけられたり、死にいたらしめられたなど、直接、心身に対する損害です。

これには次の3つがあります。

  1. 積極損害
    治療費や入院費など実際に出費をしたもの。
  2. 消極損害
    出費はしないが、入院したために働くことができず、給料がもらえなかったなどのように、収入が減少した休業損害とか働けなくなったことによる逸失利益などが該当します。
  3. 慰謝料
    上記のように金銭的な損害ではなく、名誉・信用・心などの非財産的な損害のことで、精神的な苦痛に対する損害を指します。

慰謝料は、金銭的な損害ではありませんが、苦痛が相当程度によると、損害賠償の請求が認められます。
損害はもちろん、金銭で評価します。
目に見える損害ではないので、慰謝料の算定はなかなか困難ですし、説明するのも難しいのが実情です。

加害行為の違法性の程度、当事者の年齢や財産状態など様々な事情を考慮して決めることになりますが、違法・不当行為の種類別に相場のようなものがあります。

離婚自体慰謝料と離婚原因慰謝料

離婚時に問題にされる慰謝料とはどのようなものなのでしょうか。

離婚の慰謝料は、離婚の原因をつくった側(有責者)が、相手に与えた精神的苦痛に対して支払う『損害賠償金』のことです。

  1. 離婚自体慰謝料
    精神的苦痛の第一は「離婚という事態が生じたことによる精神的苦痛」で「離婚自体慰謝料」というべきものです。
    離婚をやむなくされたことによる精神的苦痛とは、離婚によって生じた将来の生活不安など、配偶者という法律的な地位が侵害されたことによって生じたものをいいます。
  2. 離婚原因慰謝料
    「離婚原因となった個々の違法な行為によって被った精神的苦痛」によるものがあげられます。
    これは離婚原因慰謝料』というものです。
    離婚に至った経緯はカップルによって様々ですが、代表的なものは、浮気・不倫・不貞・借金・暴力・暴言・虐待・生活費を入れない・同意できないセックスなどなどです。

これら2種類の慰謝料は、法律的に見れば、いずれも不法行為に基づくもので、有責配偶者が相手方に損害賠償しなければならないのですが、実際に慰謝料を算定するときには、これらの一切の事情が総合的に考慮されます。

慰謝料というと夫から妻へ支払うと考えてしまいがちですが、反対に妻から夫に慰謝料を支払うケースもあります。

妻の浮気・妻の家出・子どもの面倒をみない・セックスに応じない・言葉の暴力などなど、最近では妻が離婚の原因をつくることも少なくありません。

また、女性が仕事を持って社会でばりばり働く時代になってから、妻にも慰謝料の支払い能力があるケースが増え、妻から夫へ支払う件数が多くなったことも考えられます。

離婚原因をつくった第三者にも請求ができる

夫の浮気が原因で夫婦関係がこじれて、「浮気相手を訴えてやる!」という話はよく聞きます。

この場合、精神的苦痛を受けたとして相手の女性に慰謝料を請求するわけです。

慰謝料は違法・不法な行為によって精神的苦痛を被った場合に生じるものですから、たとえ夫と離婚しなくても相手の女性に慰謝料を請求することはできます。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求