子連れ再婚で幸せになりたい

再婚で注意が必要なのは女性の場合で、待機期間や離婚後300日以内の出産などの法的な問題に注意しなければなりません、
それがなければ、婚姻届を出すだけで、二人の戸籍はすみやかに処理されます。

しかし、子どもは前の戸籍に残ったままなので、子どもの戸籍をどうするか、子どもと再婚相手との関係をどのようにするかを決めなければなりません。
子どもの戸籍を親の戸籍に移す場合、姓の変更は必要なら離婚時と同様に家庭裁判所に許可を申請し、役所で入籍手続きを行います。
さらに、再婚相手と子どもとの養子縁組をするなら、入籍と同時に養子縁組の手続きを役所で行なうことができます。

新しい家族のきずなを深めるために、たとえば前夫と子どもとの面会交流をひかえてもらいたければ、話し合いになります。
このとき、相手からは養育費の減額を求められることが多いので、これも話し合って決めましょう。
結論が出なければ、家庭裁判所に調停を申し立てます。

あとは、新しい家族の信頼関係をどのように築くかです。
どんな家族にも問題はあるので、一つずつ向き合って対処することが大切です。

実の親を排除しない

子どもが新しい親と仲よくなってほしいために、別れた親との面会交流を制限することはよくあります。
しかし、養育費を要求しない代わりに、面会交流を禁止するようなことは論外です。
子どもが会うのを楽しみにしていれば、その気持ちをいちばんに考えて、妥協点を見つけてほしいものです。

養子縁組をする場合としない場合の違い

養親になると、養子に対して実親同様の義務が生じます。
つまり、扶養や養育の義務を負うことになり、子どもがしたことに対する親の責任を問われます。
一方、養子縁組をしなければ、子どもは配偶者の子というだけで、義務も責任もとわれることがない関係です。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求