協議離婚ではなにを話し合うの?

協議のポイントは、離婚の意思を確認することと離婚条件を取り決めることです。
相手にも考えがあることなので、自分の気持ちを一方的に押し付けるのではなく、妥協点を探りながら、感情的にならず、臨機応変に話し合うことが大切です。

まずは、離婚したいと相手に伝えることからスタートしますが、最初のハードルは、離婚に応じる意思が相手にあるかどうかです。
拒否された場合は、根気よく説得しましょう。

それがすんだら離婚条件の協議になりますが、いざ別れる段になると、いろいろな取り決めが必要になります。
ここで手を抜くとトラブルの原因になるので、しっかりと準備をして細かいところまで話し合うことです。

離婚条件には優先順位をつけて

離婚条件については、お金のことや子どものことが中心になります。
財産分与や慰謝料、養育費など、もらう権利のあるものを把握しておかないともらい損ねてしまうので、事前に下調べをしてリストを作っておきます。

離婚後のことを考えたら、欲深いと言われても、できるだけ有利な条件で離婚したいはずです。
しかし、相手も同じように考えていますから、無理な条件を主張して不利な結果を招かないように、自分の要望に優先順位をつけるなどして交渉するのです。

なお、子どもをめぐっての取り決めでは、お互いに敵ではないのですから、いがみ合わずに解決する姿勢をもちましょう。

離婚の項目とポイント

不利な取り決め

たとえ夫婦間で合意をしても、交換条件や脅迫まがいによるものは法律的に認められません。
次のような取り決めは、無効になるので注意します。

  • 財産分与を放棄するなら、離婚届に署名押印する
  • 親権者変更の申し立てを一切しない
  • 親権を放棄するなら、養育費の請求はしない
  • 養育費はいらないから、子どもとは会わせない
  • 離婚後は旧姓に戻し、婚姻中の姓を使わない
  • 支払いが遅れた場合、ペナルティーとして◯◯円支払う

離婚すること

離婚したいとハッキリと伝えること。
理由については、愚痴や不満をぶつけるのではなく、説得力のある内容を用意します。

財産分与の決め方

婚姻中に築いた財産は折半にするのが基本。
まずは共有財産をリストアップして、どのように分けるかを交渉します。

慰謝料の請求

相手から精神的苦痛を受けていたら、慰謝料の請求が可能です。
請求できるかどうか、金額はいくらが妥当かを決めて伝えます。

未成年の子どもの親権者

親権者を決めないと、離婚はできません。
双方とも子どもの親権者を希望するなら、親権者と監護者とに分ける方法があります。

養育費

親権者にならなくても、養育費は負担しなければなりません。
金額が決まらない場合は、養育費算定表を参考にするとようでしょう。

画像の説明

面会交流

子どもにも、別れて暮らす親にも、お互いに会う権利があります。
月に何回会うのか、どのようにして会うかなどを決めます。

協議離婚のメリット

  • 離婚の理由は問われない
  • 話し合いの日時・場所方法を自由に決められる
  • 費用がかからない
  • 第三者に知られずに進められる
  • 合意に達すれば、すぐに離婚できる

協議離婚のデメリット

  • 感情的になり、もめやすい
  • 結論を急ぎすぎる
  • 法律的な知識に欠けるので、正当な権利を主張できない
  • 協議の詰めが甘く、取り決めがおろそかになる
  • 離婚後のトラブルを招きやすい

協議内容の文書つくり

協議で取り決めたことを守ってもらうには、その内容を離婚協議書、念書、覚書、合意書、公正証書などの文書に残しておきます。

離婚届の作成と提出

協議がまとまったら、離婚届をどちらかが用意するか、証人を誰に頼むか、いつ、どちらが提出するかなどを決めておくと万全です。

不当な取り決め

たとえ夫婦間で合意をしても、交換条件や脅迫まがいによるものは法律的に認められません。
次のような取り決めは、無効になりますので注意しましょう。

  • 財産分与を放棄するなら、離婚届に署名押印する
  • 親権者変更の申し立てを一切しない
  • 親権を放棄するなら、養育費の請求はしない
  • 養育費はいらないから、子どもとは会わせない
  • 離婚後は旧姓に戻し、婚姻中の姓を使わない
  • 支払いが遅れた場合、ペナルティーとして◯◯円を払う

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。