判決を待たずに離婚が成立する?

お互いに譲歩する和解離婚

裁判が長引けば、精神的にも肉体的にも経済的にも夫婦双方にかかる負担は大きくなっていきます。
家族内の争いという性質上、判決まで争い続けるよりも、お互いに歩み寄って合意するほうがよいとの判断から、裁判官は、訴訟の途中で何度も和解勧告を出してきます。

また、裁判官は、参与員を審判に立ち会わせて、法廷内の夫婦の様子から和解の可能性についての意見を聞き、合意の見込みがあるようなら、話し合いの場を設けて折り合えるように導きます。
その結果、双方ともに合意ができたら、和解離婚が成立します。

和解は判決と違いますが、成立すると判決同様の効力をもつ和解調書がつくられます。
これを離婚届に添えて役所に提出すれば、和解離婚の手続が完了します。

和解の話し合い

法廷ではなく別室にて、裁判官や参与員などが立ち会い、原告と被告が同じテーブルについて和解への条件を話し合います。
お互いに冷静になって話せるようで、和解を受け入れるケースが増えています。

被告が原告の要求を認める認諾離婚

認諾とは、民事訴訟において被告が原告の請求を正当と認めること
裁判の途中で、離婚を請求する原告の言い分をすべて受け入れて離婚を承諾することを、認諾離婚といいます。
ただし、認諾離婚が認められるのは、原告の請求が離婚だけを目的とする場合に限られていて、子どもの親権者指定や財産分与、慰謝料などの付帯請求を伴う場合には適用されません。
そのため、認諾離婚の成立はひじょうに稀です。

認諾離婚が成立すると、認諾調書が作成されます。
これを離婚届に添えて役所に提出すると、認諾離婚の手続が完了します。

和解調書・認諾調書の効力

これらには判決と同様の効力があり、同意したら、不服を申し立てることができません。
また、記載内容に違反した場合は、強制執行ができます。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求