冷却期間をもつなら別々に住むのがいい?

離婚への別居と修復への別居

離婚の結論を出す前に、お互いに離れて住んでみるのも一案です。
「世間体が悪い」「お金がかかる」と、別居をためらう風潮は今も根強く残っていますが、毎日顔を合わせることで、さらに事態が悪くなることもあります。
子どもがいればなおさらのこと、両親がいがみ合っている家庭は、けっして居心地のよい環境とはいえないでしょう。

別居を離婚の前段階と考えず、離婚するか修復するかを考えるための時間ととらえてみましょう。
離婚するにせよ、夫婦関係を修復するにせよ、離れて住むことによってお互いが冷静になり、見えなかったものが見えて、よりよい結論を出すことができます。

別居中の生活費を確保

別居する際の最大の問題はお金でしょう。
専業主婦の場合、生活費の確保は容易ではありません。
仕事を見つける必要はありますが、生活費の分担も夫婦の義務なので、収入のある側から婚姻費用として生活費を出してもらえます。
相手が拒否すれば、家庭裁判所に調停を申し立てましょう。

また、どこに住むかは実家や賃貸住宅などが考えられますが、夫の協力が得られないときは、役所や福祉事務所に相談してみましょう。
状況によっては、母子生活支援施設やひとり親家庭を優先した公営住宅が利用できます。

いずれにせよ、離婚すれば同様の生活が待っていることを覚悟しましょう。

別居するときの注意点

別居することをきちんと話し合う

勝手に家を出ると警察に捜索願を出されたり、悪意の遺棄にされたりするので要注意。
ただし、DVなどによる場合は、無断で出ても不利にはなりません。

離婚届の不受理申出を提出する

別居中に相手が離婚を迫ってきた場合は、勝手に離婚届を出されないように、離婚届の不受理申出を提出しておきます。

親権が欲しければ子どもを連れていく

離婚後に子どもを引き取りたいのなら、別居中も子どもを養育しているほうが有利。

生活費の請求をする

別居しても、収入が少ない側は多い側から生活費をもらう権利があります。

長期間にわたる前に決着をつける

子どもや将来のことなどを考えると、長期の別居はされるのが無難。
とくに離婚の意思がないのなら、放っておくと不利になります。

家庭内別居

同居しながら、「口もききたくない」からと家庭内別居を続けるのは考えもの。
完全にコミュニケーションを断ってしまうと夫婦の溝は深まる一方ですし、子どもに与える影響は大きいです。

やむを得ず家庭内別居になっても、次の点に注意しましょう。

  • 露骨に無視するなどの態度はひかえましょう
  • 相手が夫婦生活の修復と離婚のどちらを望んでいるのかを知っておく
  • これからどうしたいのか、自分の気持ちに整理をつけるようにする
  • ときどきは話し合いの時間をつくる
  • あまり長引かせずに結論を出す

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求