再婚はいつできる?

男性と女性とで異なる再婚可能時期

離婚の成立後、男性と女性とでは再婚できるようになる時期が違います。
男性の場合はなんの制約もなく、離婚届を提出した翌日に別の女性との婚姻届を提出しても受理されます。

一方、女性の場合は、離婚から6か月間の再婚禁止期間が民法第733条で定められています。
これは、離婚後に妊娠が判明したときに父親が前夫なのか、再婚相手なのかをめぐってのトラブルを防ぐためのもので、女性にのみ一定の待機期間が設けられています。

この規定は、あくまでも離婚後に生まれる子どもの父親を不在にしないためのもので、その心配がないごく一部のケースに限り、再婚禁止期間でも女性の再婚が認められます。

再婚の伴う問題に注意して

離婚すればお互いに自由になるのですから、女性には再婚禁止期間があるものの、それを守れば基本的に再婚しても問題はないことになります。
しかし、離婚から300日以内の出産による子どもの戸籍問題は社会的な問題として取り上げられていますし、ほかにも問題はいろいろあります。

とくに、女性の子連れ再婚では、子どもの戸籍、再婚相手と子どもとの関係、子どもの養育費など問題があり、簡単には解決できないケースも少なくないようです。

また、円満離婚したつもりが、再婚時期が早すぎることで離婚前からの不倫は発覚したり、前妻から疑われたりして、慰謝料の請求問題に発展することもあります。

新しい人生を選ぶことはよいのですが、それによっ問題を引き起こさないようにくれぐれも注意しましょう。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。