介護問題

義母の介護で心身ともに疲れた

年老いた親を介護するのが不満なわけではなく、介護する側もけっして若くはないので、長期になれば悲鳴を上げたくなる気持ちを察してほしいだけかも。

親の面倒を見るのは子どもの義務とはいえ、寝たきりや認知症などの介護は大変です。
共働きであれば、介護施設の利用を考えるでしょうが、専業主婦がいる場合の多くは、経済的かつ世間体な理由もあり、世話をするのは妻の役目になるようです。

家庭で義母を介護するには、家族全員の協力が不可欠ですが、実際には家にいちばん長くいる妻に頼ることになります。
自分の親ならともかく、義母が相手では気軽に文句も言えず、胸の内を吐き出せないままに抱え込み、頼りの夫が仕事を口実に話し相手になってくれなければ、肉体的にも精神的にも疲労の限界を迎えるに違いありません。

つらさから離婚を口にしたとしても、それは本心からではないはずです。
そうでなければ、義母の介護を嫌がる薄情な嫁と思われるだけですし、仮に離婚できたとしても、後悔から自分を責めることになります。
自分の犠牲の上に介護が成り立っている、などと思いつめる前に、家族で現状を改善するための話し合いをもつことが大切です。

介護を軽減する対策を考えて

親の介護は長男の嫁がするものと思われがちですが、その義務は子どもたち全員にあります。
配偶者にきょうだいがいるのであれば、介護のローテーションが組めるかなど話し合い、引き取るのが無理な場合でも、金銭的な問題を分担して公的介護の利用や介護施設への入居を検討するなど、対策を検討するとよいでしょう。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求