不倫相手への慰謝料請求

Q 夫の不倫が原因で離婚することになりました。
夫の不倫相手を訴えることはできるのでしょうか。

A あなたの配偶者と一緒になって不貞行為を行い、あなたに精神的な苦痛を与えたとして、不倫相手に慰謝料請求をすることができます。

あなたの配偶者が不倫した場合には、配偶者と不倫相手とが共同して婚姻生活の維持というあなたの法的な利益を侵害し、あなたに精神的苦痛を与えたと考えられます。

したがって、配偶者と不倫相手とは『共同不法行為者』として、あなたの被った精神的苦痛につき損害を賠償するという『連帯責任』を負います(つまりは、慰謝料の全額につきそれぞれが責任を負うということです)。

このため、あなたは配偶者と不倫相手のいずれかまたは両方を相手取って慰謝料請求をすることができます。

この場合、慰謝料の金額が例えば100万円であった場合には、100万円を配偶者と不倫相手のいずれか一方または両方に請求してもかまわないことになり、他方で両者を合わせて100万円の支払いを受けた場合には、もはやいずれに対しても請求することはできないことになります。

慰謝料の金額は?

不倫相手に対して、不貞行為を行ったこと(個別的有責行為)に対して慰謝料請求することができる点は争いがありませんが、離婚することによる精神的苦痛についてまで慰謝料を請求することができるかについては説が別れる場合が多いです。

近時は離婚そのものによる慰謝料については、配偶者についてのみ認め、不倫相手については否定する裁判例が多くなっています(結局、配偶者に対するよりも不倫相手に対する慰謝料の方が額が小さくなるケースが少なくないということです)。

慰謝料の金額は事例によってさまざまですが、全体的には想像するほど高い金額ではなく、200万円~300万円程度となるケースが多いのが実情です。

慰謝料が認められないケースとは?

あなたの配偶者が不倫をする前から、夫婦の仲が破綻していた場合には、原則として慰謝料請求は認められません。

この点に関しては従来から争いがありましたが、最高裁は平成8年3月26日判決において、婚姻関係がすでに破綻していた場合には、原則として婚姻共同生活の維持という法的に保護されるべき利益が存在しないとの理由で、特段の事情がないかぎり慰謝料請求が認められないとの判決を下しました。

あなたの配偶者が結婚していることを隠していたような場合にも、慰謝料請求は難しいと考えられます。

なぜなら、慰謝料請求が認められるためには請求の相手に故意(知っていたこと)または過失が必要とされますが、この場合には、不倫相手に故意がないのはもちろんのこと、過失もないことが多いからです。

似たようなケースとして、あなたの配偶者があなたとの夫婦関係はすでに破綻していると騙していた場合なども不倫相手に対する慰謝料請求は難しいと考えられます。

さらに特殊なケースですが、不倫相手に対する慰謝料請求が信義則に反し権利の濫用として許さないとした判例があります。

これは、夫Aと不倫関係にあった女性Kに対し妻Yが慰謝料の支払いを求めたという事案ですが、最高裁判所は、Y女がK女にA男との夫婦仲が冷めており離婚するともりである旨を話したことが不倫の原因をなしているうえ、不倫関係を知ったY女が、K女に対して単に口頭で慰謝料の支払請求をすることにとどまらず、A男のK女に対する暴力を利用してさらに金員を要求したことなどの事情があったことを考慮して、Y女のK女に対する慰謝料請求の行使が、信義則に反し権利濫用として許されないとしました。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求