セックスレス・性交不能

夫婦の性生活がまったくない

セックスレスとは、病気などの特別な事情がないのに、1か月以上性生活がないこと。
最近はセックスレスの夫婦が増加しているといわれていますが、双方がその関係に納得しているなら、それは問題になりません。

しかし、夫婦のどちらか一方がセックスを望んでいるにもかかわらず、数か月以上も応じてもらえないのは、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当することがあります。
これは、結婚が男女の精神的、肉体的、金銭的な一切を共有することを目的とする結合だからです。

セックスは、単なる快楽をもたらすだけのものではなく、最高のスキンシップであり、幸せなひとときを共有することでもあり、夫婦の愛情やきずなを深める効果があります。
それを相手から拒絶されれば、夫婦関係はぎくしゃくする理由の一つになることは避けられないでしょう。

また、セックスレスによる欲求不満状態が続けば、好ましくない異性との肉体関係を考えるようになるのが自然な流れ。
とはいえ、夫婦のセックスレスが浮気や不倫を擁護する理由にはなりません。
離婚を考えているなら、有責配偶者にならないように注意してください。

慰謝料の請求は交渉次第

セックスレスによる慰謝料の請求は、その原因や期間、その間の努力の有無などが問題になります。
要因はさまざまですが、交渉次第で高額な慰謝料が認められる場合があります。

異常な性癖も離婚の理由になる

セックスレスも困りますが、相手が多情すぎる場合や異常と思われる性癖があるときも苦痛です。
がまんしていないで相手と話し合いましょう。
黙って拒否すれば「セックスに応じない」と責められてしまいます。
また、気持ちを伝えたのに強要してきたら、トラウマになる前に離婚を考えるべきです。

EDだなんて知らなかった

もともと夜の生活は多くなたっかけれど、忙しい仕事で疲れているだけだと思っていたら、久々のお誘いも途中退場⁉︎それってできないっとこと?

セックスレスは、性欲自体が起こらなくて性生活ができないのですが、この場合はED(勃起不全・インポテンツ)の疑いがあるので、まずは病院できちんと検査を受けて、原因をはっきりさせることが大切です。
性欲はあるのにできないということは、男性にとってひじょうに辛いことで、からだの不調を心配するよりも屈辱的になるといいます。
そのため、妻にも打ち明けられない場合があるようなので、その気持ちは理解してあげましょう。
そのうえで、話し合うべきです。

EDを隠して結婚したのであれば、それは離婚理由になり、慰謝料の請求が認められる場合もあります。
しかし、結婚したあとでの発症ではほかの病気と同じと見られ、相手が合意しなければ離婚はむずかしいでしょう。
夫を責めるのではなく、EDは病気であることを双方が認識して、治療を始めるのです。
よい薬があるので、正しい治療を受ければ症状の改善は期待できるはずです。

それでも症状が改善されない、夫が治療に消極的、などで離婚を望む場合は、EDだけを問題にするのではなく、夫婦関係がぎくしゃくしていることも訴えて、離婚を受け入れさせるようにするとよいでしょう。

EDのタイプと原因

EDは、過度の緊張やストレスなどが原因の心因性のものが多いのですが、糖尿病、高血圧、心臓病などの病気が原因のものもあり、飲酒や喫煙なども関係しているといわれています。
抗うつ薬や抗不安薬、降圧剤など、一部の薬剤の副作用として、EDになることもあります。

いずれのタイプであっても、いろいろな治療や克服法があるので、まずは専門医を受診しましょう。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求