アルコール依存症

お家でお酒をのんでばかりいない?

お酒が好きとはいえ、家にいると朝からビールを飲み、気がつけばずっと飲み続けていて、いつも酔っ払っている相手には、愛想がつきます。

家でお酒を飲んでばかりいるだけでは、「婚姻を継続しがたい重大な事由」にはなりません。
不況の影響や飲酒運転の罰則が厳しくなったことを考えると、ゆっくりお酒を飲める場所は自宅と考えることができるからです。

飲酒が問題になるのは、飲み方や程度です。
たとえば、お酒を飲んで暴れたり、暴力をふるったりして、家族や周囲に危害を与えたとか、お酒を飲んでは夫婦ゲンカを起こし険悪ムードが続いているなど、飲酒と夫婦の不和との関係が明らかにできれば、離婚の要因になります。

ただ、過度のアルコール依存症と診断された場合は、事情が変わってきます。
これは相手の落ち度ではなく、病気ですから、病気に苦しむ相手を見捨てるような離婚は認められません。
まずは病気の治療に専念させ、回復に協力する必要があります。

それでも入退院を繰り返して、回復の見込みがなりい相手を支えるのは大変なこと。
アルコール依存症は、「配偶者の強度の精神病」にあてはまりませんが、いろいろな事情が考慮され、なおかつ夫婦関係が修復できないほどに破綻しているなら、離婚が認められる場合があります。

アルコール依存症と診断される前に離婚を!

離婚の理由として、アルコール依存症や酒乱をもち出すのはむずかしいのですが、ほかに、暴れる、働かない、会話がないなどの理由があれば離婚は成立しやすいかも。
本気で離婚したいと考えているなら、専門家に相談してみることをおすすめします。

相手の深酒が気になり始めたら、様子に注意して

飲酒の原因が仕事や人間関係の悩みで、だれにも相談できずに深酒をしているうちに、アルコールが手放せなくなっていることがあります。
夫婦としての愛情があるなら、相手を責める前に様子を観察して、悩みなどがないかを聞いてみましょう。

ご相談について

離婚問題相談窓口は、離婚問題や浮気調査のご相談は9:00〜21:00・メールでのご相談は24時間、日本全国対応でお受けしております。

お電話でのご相談

電話はこちらへ

メールでのご相談

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。

離婚問題のご相談は離婚問題相談窓口 浮気不倫問題 浮気調査 浮気の証拠 浮気の慰謝料請求